医院案内

通いたくなる歯科医院を目指して

おざわ歯科医院では、患者さま自身が健康増進・維持のために進んで受診していただける環境を提供したいと考えています。
そのためにスタッフはもちろん医院設備に関しても患者さまにとって負担にならないようにしています。

医院長 小澤 高広

経歴

1992年 県立熊谷高校卒
1994年 明海大学歯学部入学
2000年 明海大学歯学部卒業
2000年 明海大学歯学部PDI埼玉歯科診療所入所
2002年 同上 臨床助手
2003年 明海大学オーラル・リハビリテーション学講座専攻生
2008年 熊谷市で開院

学会

日本歯周病学会 会員
日本補綴学会 会員
日本口腔インプラント学会 会員
日本スポーツ歯科医学会 会員
顎咬合学会 認定医

一般・口腔外科 木村

経歴

明海大学歯学部卒業
明海大学歯学部付属明海大学病院
病態診断治療学講座顎顔面外科学分野I所属

学会

日本口腔外科学会 認定医

一般・矯正 望月

経歴

日本歯科大学歯学部 卒業
明海大学付属PDI埼玉歯科診療所 入所
日本歯科大学生命歯学部 発生・再生医科学講座大学院 所属

学会

日本テイップエッジ研究会 会員
日本再生医療学会 会員
ISSCR(International Society for Stem Cell Research)会員
小児歯科学会 会員
顎咬合学会 認定医

清潔で開放感のあるオシャレな施設

iin_kaihou

おざわ医院では患者さまが快適に安心して治療を受けていただけるように様々な工夫を行っております。バリアフリーはもちろん、入り口の開放感、お子様から年配の患者さまに優しい施設となっております。

デジタルレントゲン/歯科用CT

iin_roentgen

当院では放射線量の少ない最新のレントゲンで診察を受けることができます。
また、歯科用CTを用いれば3次元的な診査が可能となりインプラント/埋伏抜歯/矯正治療など正確な診断を行えます。
さらに撮った画像はチェアーサイドのモニターに映し出され患者さまが座ったまま治療方法など相談していくことができます。

※他歯科医院様からのCT/セファロ撮影依頼も受け付けております。お問い合わせください。

一般診療室(半個室・個室)

iin_koshitsu

当院では、すべての部屋に仕切りを設けることで隣の人を気にすることなく、リラックスして治療を受けることができます。

また、スタッフも患者さまに集中できるのでしっかりと向き合い治療することができます。

予防・ホワイトニング・PMTCなど(歯を削らない処置)は 専用の個室を用意していますので、お気軽にお問い合わせください。

手術室

iin_shujutsu

現在の歯科医療は従来の一般歯科治療のみならず、歯周外科手術(歯周組織再生療法)・インプラント治療と多岐にわたります。本院の手術室は完全個室で、手術室専用の照明灯など設備面、衛生面ともに配慮しています。術式に応じて患者さま・術者ともに滅菌された布・手術着(ドレープ:ディスポーザブル)を身に付けます。

院内感染対策

iin_kansen

徹底した感染予防。口腔内で用いる器具の滅菌(ピンセットやミラーなどは患者さまごとに個別にパック・滅菌したものを使用します。)は勿論、材料なども可能な限りディスポーザブル(使い捨てのできるもの)を用いて感染に対し留意しています。

患者さま用のエプロンやコップは全て使い捨てです。注射針の滅菌や余った麻酔、薬の再利用は絶対行いません。当然、グローブも患者さま毎に使い捨てています。

院内は全室土足制としています。スリッパは従来から、紫外線殺菌機は存在したのですが、スリッパの中の殺菌は紫外線が当たらないので事実上、殺菌不可能で不衛生です。

口腔外バキューム

iin_koukuu

優れた集塵効果で治療中に発生する有害な歯の切削片、金属片、血液、唾液など、さまざまな細菌汚染物質を発生源で確実にすばやく取り除き、感染を予防し診療室をクリーンで快適な環境に保ちます。

精密治療

iin_surgitel

先端の知識や治療技術があっても、見えていなければ経験や勘に頼って治療することになります。拡大鏡の使用によって、患部をしっかり見ることができ確実な治療が可能です。
本院では拡大鏡(ルーペ):3〜8倍/歯科用顕微鏡:3〜30倍をケースに応じて使い分けています。

口腔内カメラ

iin_camera

患者さまが目で見て理解し、納得できるように2つの種類の口腔内カメラを用意しました。

1つは1200万画素の高性能なカメラを使用します。歯の色は個人個人で違い、それを技工士に口頭で伝えるのは不可能です。審美治療には欠かせないツールになり、歯周治療における歯肉の変化・治療経過なども比較することができます。

もう1つは簡易口腔内カメラで虫歯や、歯の汚れなどをその場でモニタリングすることができます。

電動制御麻酔注射器・麻酔薬温管理装置

iin_chuusha

歯科治療に対する患者様の不安や恐怖心を緩和するため”痛みのコントロール”を徹底し、安全性を最重視した無痛治的療を行います。

電動制御麻酔注射器を使用し、麻酔注入速度と注入圧をコントロールすることにより痛みの発生を抑えていきます。無理のない注入は麻酔効果の発現を早くし、麻酔薬も少なく抑えられます。より細い麻酔針を使用できるので刺入時の痛みも和らげることができます。

また、麻酔薬温度管理装置で温められた麻酔薬の使用よって痛みを軽減できます。

なるべく無痛的な治療を心がけています。